日本生殖医学会からの声明に対する当院の対応について

——————————————–

2020年4月1日に日本生殖医学会から、COVID-19の妊娠に対する影響が明らかになっていない事より『感染拡大が落ち着くまで』『予防薬や治療薬が開発されるまでを目安』として、しばらくの間不妊治療の延期を選択肢として提示することを推奨する声明が出されました。

2020年4月1日付厚生労働省より発表されたリーフレットには『現時点では、妊娠後期に新型コロナウイルスに感染したとしても、経過や重症度は妊娠していない方と変わらないとされています。』『胎児のウイルス感染症例が海外で報告されていますが、胎児の異常や死産、流産を起こしやすいという報告はありません。したがって、妊娠中でも過度な心配はいりません。』と記載されています。

以上の2つの「声明」と「発表」を踏まえて、
当院では感染対策を行いつつ長野地域の感染拡大の状況、個々の患者さんの状況及び希望に応じて柔軟に対応をして参ります。
不妊治療は患者さんの時間(年齢)との戦いでもあります。当院では患者さんの判断の下に治療継続の希望がある場合は通常診療と同様にすべての不妊治療を行っています。

尚、今回の声明でも触れられているように妊娠後のCOVID-19感染によるリスクが問題となりますが、ARTにおいては「採卵・凍結保存」までの治療に関してはCOVID-19によるリスクはなく実施可能と判断しています。その後の「凍結胚移植」については妊娠成立後のCOVID-19感染リスクを勘案し実施時期を患者さんと相談し検討する方針としています。

今後の治療に関しては、院長及びスタッフにご相談ください。
 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する日本生殖医学会からの声明(2020年4月1日版)

 新型 コロナウイルス感染症( COVID-19 )対策 ~妊婦の方々へ~