日本生殖医学会からの通知(2020年5月18日版)について

——————————————–

2020年5月18日付で日本生殖医学会から、
『不妊治療(AIH、ART等)の延期を選択した患者さんに対して、COVID-19感染防御と感染拡大防止の対策を可能な限り施行した上で不妊治療の再開を考慮する』との提言が通知されました。

治療再開のための要件は、
『不妊治療の種類と実施の可否についての選択は、患者さんへの十分な説明と同意のもとに医師と患者さんで相談する』
『COVID-19感染に対する医療供給体制などに配慮しつつ、それぞれの状況に応じた適切な医療を実施する』
というものです。

これまで当院では、患者さんの判断の下に治療継続の希望がある場合は通常診療と同様にすべての不妊治療を行って参りました。前回の声明発表後に不妊治療を延期されていた患者さんで、治療再開を希望される方は上記要件を踏まえて治療再開に対応いたします。

ご相談等ありましたら、院長及びスタッフにご相談ください。
 
 
→ 新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に対する日本生殖医学会からの通知(2020年5月18日版)