COVID-19 ワクチン接種に関して

2021年5月12日付で日本産科婦人科学会から、
『COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ』との提言が通知されました。

昨年からのCOVID-19感染拡大に対して感染予防対策が行われて参りましたが、今年2月からは「COVID-19ワクチン」の接種が始まり医療従事者から高齢者へと進んできているところです。
今後は一般の方々へのワクチン接種が開始されます。それに伴い「妊娠を希望されている女性」へのワクチン接種に関してのお問い合わせが増えてまいりました。

日本産科婦人科学会からの提言では、
1.胎児および出⽣児への安全性に関しては情報収集が必要
2.mRNAワクチンには催奇性や胎児胎盤障害を起こすという報告は無いが、妊娠12週まではワクチン接種を避ける
3.感染リスクが⾼い場合はワクチン接種を積極的に考慮する
4.妊婦のパートナーはワクチン接種を考慮する
5.妊娠を希望される⼥性は可能であれば妊娠する前に接種を受ける
とされています。

当院としても妊娠成立前にワクチン接種を済ませることが理想的と考えています。
もしも接種開始後2回目接種までに妊娠が判明した場合には、2回目の接種の実施に関して慎重に検討していただくことになりますが、1回の接種でも感染予防効果が期待されることから有用性は高いと考えています。

実際には患者さん⼀⼈⼀⼈の背景が違いますので、疑問などございましたら、院長及びスタッフにご相談ください。

 COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ(日本産科婦人科学会)

 新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省)