不妊症治療の案内

当院では、開院以来不妊症治療に力を入れてきました。不妊症でお悩みの方々により良い結果が訪れるよう、日々の診療に努めています。

当院の不妊症治療の考え方

OurAttitude

不妊症の治療を行なうにあたっては、医学的な判断の他に大切なことがあります。それは、
「治療されるご夫婦の意思です。」

検査を行なうかどうかの判断から始まり、治療が必要な場合には、ご夫婦がどのような治療方法を希望するか、どのくらいの期間治療するか、治療方法の変更をいつ行なうか等を医学的な判断として必要と考えられる治療方法の中から患者さんと相談しながら進めていくようにしています。

不妊治療はその原因を解決することが基本となります。
しかし、実際には検査異常のない(原因不明)機能性不妊が多いため、以下のような治療方法を状況に応じて選択し、さらに必要な治療を組み合わせて治療を進めています。

基本検査

1. 基礎体温表 左記の検査を基本検査として実施し、不妊の原因を検索します。さらに検査結果によっては、必要と考えられる検査を追加して確認します。
2. 経膣超音波検査
3. 卵管通気検査
4. 子宮卵管造影
5. 子宮頚管粘液検査
6. フーナーテスト
7. 子宮内膜日付診
8. ホルモン採血
9. 抗精子抗体検査(採血)
10. 精液検査
館内

当院で行っている不妊治療

薬物療法

  • 1.クロミフェン療法:
    経口薬の排卵誘発剤で排卵障害や黄体機能不全症に使用。

  • 2.ブロモクリプチン療法:
    高プロラクチン血症の場合の排卵障害に使用。

  • 3.黄体ホルモン療法:
    黄体機能不全症の黄体機能の維持子宮内膜の着床環境の整備

  • 4.HCG療法:
    排卵の促進、黄体の賦活

排卵誘発

  • 1.クロミフェン療法:
    経口薬の排卵誘発剤で排卵障害や黄体機能不全症に使用。

  • 2.HMG-HCG療法:
    注射による排卵誘発

  • 3.HMG在宅自己注射:
    ペン型注射器による自己注射での排卵誘発も行っています。

人工授精(AIH)

洗浄濃縮精子による人工授精(AIH)を行なっています。

体外受精(IVF-ET)

上記の一般的な治療方法では妊娠不可能な場合や、治療しても妊娠に至らない場合には、体外受精-胚移植(IVF-ET)を行ないます。当院と提携した不妊症治療に実績のある病院にて専門的なトレーニングを受けた培養士が、卵、精子の処理・操作をはじめとして、環境の整備・管理から、実際の培養作業を専任で行なっています。尚、当院では胚移植は"胚盤胞単一胚移植(B-SET)"を基本にしています。

顕微授精(ICSI-ET)

当院でも顕微授精(ICSI-ET)を行っています。 不妊症の原因が高度の男性因子による場合、体外受精-胚移植(IVF-ET)では正常受精や妊娠に至らない場合など、医学的適応があると判断された方や、患者さんが顕微授精(ICSI-ET)を希望される場合などに実施しています。

胚(受精卵)凍結保存

体外受精の際に移植せずに残った受精卵は凍結保存し、別の機会に凍結胚を融解して移植(融解胚移植)を行なっています。当院では「ガラス化法(Vitrification)」を採用し、良好な保存状態を維持しています。

精子凍結保存

精子数の少ない方などに、受精能力向上を目的として行なうことができます。

アシステッド・ハッチング

当院では胚移植(ET)に際して、全例にアシステッド・ハッチングを実施(無料)し、着床率の向上に努めています

不妊カウンセリング

日本不妊カウンセリング学会認定の当院専属不妊カウンセラーが、不妊症に関する検査や治療の説明、患者さんの疑問や不安などの相談をお受けしています。
(クローバー相談室・予約制)